2017年7月 2日 (日)

長男が誕生しました

突然のご報告になりますが、6月10日に我が家に長男が誕生しました。
ロトの日に産まれてくるとはさすがドラクエ好きの両親の子です。
立派な勇者に育ってくれることを願います。

610illust

少年が好きすぎるあまりついに想像出産まで…とご心配の声も聞こえてきそうですが、リアルです。2次元じゃありません3次元です。
高齢での初産で何があるかわかりませんでしたので、家族以外にはほぼ誰にも言わずにひっそりと妊娠出産いたしました。友人には全然知らなかったよ水くさいじゃないかと思われるかもしれませんがどうかおゆるしください。

イラストのお仕事についてですが、2017年いっぱいは育児休暇のためお休みとさせていただきますのでどうぞよろしくお願いします。今年はカレンダーもちょっと無理そうだなぁ…

慣れない育児に寝不足の毎日ですが、日々の成長を目に焼き付けながら二度とない一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。いつか息子にポーズモデルをやってもらう日を楽しみにしつつ…。

| | コメント (0)

2017年5月24日 (水)

書籍「伝統色で楽しむ日本のくらし」イラスト

こんにちは〜^^ お仕事のご報告です。
私がイラストを担当させていただきました書籍「伝統色で楽しむ日本のくらし〜京都老舗絵具店・上羽絵惣の色名帖〜」が、本日5月24日に発売となりました!

Dentoshoku1

伝統色で楽しむ日本のくらし
〜京都老舗絵具店・上羽絵惣の色名帖〜

石田結実(上羽絵惣)監修
1530円(+税) マイナビ出版

Dentoshoku2

日々見ている『色』が楽しくなる、日本の伝統色の色辞典

茜色、群青色、萌黄色、江戸紫色、珊瑚色、雪色……日本に古来から伝わる美しい伝統色。
今も日々の暮らしの中で息づいている、さまざまな色の由来やお話を紹介した本です。
宝暦元年(1751年)に京都で創業し、最近では胡粉ネイルなど、和の彩りと胡粉をコンセプトにした化粧品ブランドを立ち上げ、幅広い層から注目を集めている老舗の日本画絵具専門店「上羽絵惣 (うえばえそう) 」が全面監修。
色の職人たちが厳選した220色の魅力を、イラストや写真を添えて彩り豊かに紹介しています。

Dentoshoku3

小さいカットですが、全部で260点のイラストを描かせていただきました。
最初にイラストを250点ぐらいお願いしますというメールをいただいた時はケタが間違っているのではないかと2度見しましたが、こうして一冊にまとまると嬉しいものですね。私自身、聞いたことのない色も沢山あり、初めて描くモチーフだらけで大変勉強になりました。
昔ながらの伝統色から現代的な上羽絵惣オリジナル色まで紹介されていて眺めているだけでも楽しく、また色にまつわる豆知識やコラムも掲載されていて興味深く読みこめる一冊になっています。機会がありましたら是非お手にとってご覧いただけたら嬉しいです。

amazon掲載ページはこちら

| | コメント (0)

2016年11月20日 (日)

2017年版カレンダー販売スタート!

Cal2017_l

さとうひろみカレンダー2017、販売スタートします!
ショップページよりご注文いただけます。
Shop_logo

※2017年1月末をもって2017年版の販売は終了しました。ありがとうございました。

今回もご注文いただいた方に、もれなくおまけのポストカードをプレゼントさせていただきます^^(今年は余裕が無くてポストカード等の新作グッズを全く作れず、お買い物の楽しみが無くて申し訳ないです…)
ご注文の際に備考欄にメッセージをいただいた方には、お届けの商品と一緒にメッセージカードでお返事させていただきますので、ご意見・ご感想、雑談、最近おすすめの物事、(常連の方はご近況など♪)お気軽にメッセージいただけますと嬉しいです♪

ちなみに私が今年ハマっていた&ハマっているものは、キンプリ(続編制作決定おめでとう!)、サンダーボルトファンタジー東離劍遊紀(←超絶美麗な人形劇!誰かと分かち合いたかったけど誰も見ていなかった・笑)、赤髪の白雪姫(オビ最高)、ユーリ!!! on ICE(ユリオ最高)、逃げ恥(数年ぶりにドラマちゃんと見てる)…ぐらいですかね…今年は趣味の新規開拓もできず視野がせまい一年だった気がします…もっと見聞を広めたいのでジャンルにこだわらず色々オススメ教えていただけると嬉しいです♪

| | コメント (1)

2016年11月12日 (土)

2017年版カレンダー発売決定☆

毎年恒例のさとうひろみイラストカレンダー、2017年版の発売が決定しました♪
なんとか今年も無事に作ることができて心からほっとしています。毎年ヤバいヤバい言ってますが今年は仕事のスケジュールと体調不良が重なり、本当にいよいよ作るのをやめようかと心の折れたエンジェルになりかけましたが…出来てよかった…毎年楽しみにしてるよと言ってくださる方のおかげです。ありがとうございます。


11月20日(日)
より、当サイトのショップページにて販売をスタートします。
当日あらためてTwitterとブログにてお知らせしますので、もうしばらくお待ちください。

Cal2017_l
さとうひろみカレンダー2017

価格 1080円(税込)
壁掛けタイプ 12ヶ月+表紙
2017年1月〜12月 日曜始まり
サイズ:縦190mm x 横190mm (開いたサイズ:縦380mm x 横190mm)
※画像はサンプルです。実際は12ヶ月分(合計12点)のイラストが収録されています。

Cal2017_sample
※画像クリックで大きな画像がご覧いただけます。

毎年特に代わり映えしない仕上がりですが…例年と違うポイントを挙げるとすると画材が変わったということぐらいですね。20年近くアクリル絵の具で描き続けていましたが、今回は12点中9点を普通の水彩絵の具で描いてみました!
いや〜すごいですよ、何がすごいって見た目今までと一切変わってないっていう。変えた意味あんのかっていう。そもそも今まで水彩を使ってなかった理由が「手汗がひどくて汗の水分で絵がにじむから」だったんですが、若い頃に比べると体の水分と脂分が減ってきたのか手汗がそれほどでもなくなってきたので水彩にチャレンジしてみました!アラフォー万歳!
しかしまあ水彩いいですね、乾いても水つけるとすぐ塗れるって素晴らしい。アクリルだと乾いたらもう二度と使えないので一度色を作ったらスピード勝負で電話来ても無視、家のチャイム鳴っても無視という引きこもりに拍車をかける仕様になっていますのでね。今後は手汗に注意しながら水彩をメインに使っていきたいと思います。

| | コメント (0)

2016年7月12日 (火)

キンプリエリートへの道

キンプリ。
あなたはこの単語をどこかで耳にしたことがあるだろうか。
今回のブログは私がキンプリエリートになるまでの険しい道のりの記録である。

私とキンプリの出会いはさかのぼること半年前。
やたらとTwitterで「キンプリみてきた。」という発言を目にするようになるものの、それが何なのか全くわからず、「ああ、アニメ映画なのかな?」ぐらいの認識で、特に興味はひかれなかった。が、みんな決まって観賞後に「世界が輝いて見える…」と言い残すという謎の現象を次々と目のあたりにし、日に日に私も乗るしかないんじゃないかこのビッグウェーブに…という気持ちになってきた。
とりあえずどんなジャンルのアニメなのか検索してみる。

Kop_1

・・・???
SF?魔法?学園もの?アイドルもの?スポーツもの?虹の先を越えてゆけ!?検索してもジャンルすらわからないとかウソだろ?とりあえずキンプリがKING OF PRISMの略であることだけはわかった。
もう少し調べるとどうやら元々は女児向けアーケードゲーム「プリティーリズム」とやらのアニメシリーズに出てくるプリズムスタァ(←言っててよくわからない)を目指す男の子たちの話がスピンオフとして映画になったということらしいがまずプリティーリズムを知らない。知らないものがどんなにスピンしようがますますわからなくなる一方なのでもう前情報なしで行くしかないと決心した。

しかしこんな得体の知れない謎映画(←失礼)、誰も一緒に行ってくれないだろうな…と思っていた矢先、夫の方もかなり気になっていたらしく「キンプリいこうぜ!」と驚きのお誘いが。こいつマジか!?おっさんが女児向けアニメのスピンオフとかどんだけ勇者だよ…と畏怖の念を抱きつつ夫婦して何の予備知識も持たずに映画館へと乗り込んだ。
結果から言うと、初めてのキンプリは惨敗だった。
見終わったあと、世界は全く輝いて見えなかった。パニック状態でただただ放心していた。面白かったかと聞かれれば「なにがなんだかわからなかった」としか言えなかった。
なぜみんなこれを見て世界が輝いて見えたのだろう?その答えはすぐにわかった。
キンプリには「通常上映」とは別に「おうえん上映」というバージョンが用意されていたのだ。
映画鑑賞中はお静かに、という常識をくつがえし、おしゃべりOK!かけ声OK!ツッコミOK!サイリウム振りながら一緒に歌って応援しちゃおう!という画期的な「おうえん上映」、どうやらキンプリはそれを前提として作られていたのだ!
このままでは終われない!さっそくキンブレ(手元のスイッチで様々な色に変えることができるペンライト)を購入し、後日再び夫と連れ立ってキンプリおうえん上映会に乗り込んだ。

※ここから先はネタバレオンリーでお届けしますのでこれから見に行きたい人はご注意ください。


戦いは上映開始前からすでに始まっていた。
キンプリに全く関係のない映画の予告の時点ですでにまわりはキンブレを振っている。その予告の内容のイメージカラーにしているようで、ワンピースフィルムゴールドではゴールドだから黄色、オオカミ少女と黒王子ではラブコメだからピンク、あの有名な「ストップ映画泥棒」の時はサイレンの赤でノリノリでキンブレを振る。やばい、すでに楽しい。

いよいよ本編スタート!何の説明もなくいきなり3人のプリズムスタァ男子たちがステージ上でギターを弾きながら歌って踊っている。ヒロ、コウジ、カヅキという3人からなるオーバーザレインボウ(通称オバレ)というユニットらしい。

Kop_2

主人公らしき男の子(一条シン君)がそれを客席から観ながら「これがプリズムショーかぁ〜!」と目を輝かせている。オバレの3人、よく見るとフィギュアスケート靴をはいて踊っている。「ハァッ!!」というかけ声とともにくるくるとジャンプ!!キラキラはじけるプリズム!巻き起こるプリズムの嵐!風圧でシン君の服がはじけとび突然の全裸映画開始直後に全裸。「・・・何が起こった・・・!?」こんなに早く内容が理解できなくなる映画は日本映画史上類を見ないだろう。初見の人は開始1分で「とんでもないものを観にきてしまった」と思い知らされることになる。

Kop_7

プリズムショーとは、ダンススケートで歌い踊り、プリズムの輝きで観客にイメージ世界を見せるショーのようで、オバレがベッドに乗って空を飛んだり分身して空から降ってきたり全裸になって飛びついてきたりするものらしい。何を言っているかわからないと思うが私も何が起きているのかわからない。
さらにプリズムのイメージは突然普通の道になり、オバレの3人が自転車のうしろに女の子を乗せて走りはじめ、女の子がソフトクリームを男子に食べさせようとするシーンで画面に「はい、ア〜ン♡」というテロップが映し出され、もちろん観客全員でアテレコ

Kop_8

自転車での当てレコを3人分散々やらされた挙げ句、オバレの3人は自転車にのって空を飛び、(←もう空を飛ぶぐらいでは驚かなくなっている)最後に「公道での二人乗りは禁止だよ♡」と言い放ち先ほどまでの自分たちの行動を全否定。もう何がなんだかわからない。
ショーを見終わったシン君は衝撃のあまり「な、なんなんだ〜〜これは〜〜」とそれはもう産まれたての子鹿さながらの見事な足ガクガクを見せてくれる。わかる。今私も同じ気持ちだ。

その後シン君はプリズムスタァを目指して養成所「エーデルローズ」に入って寮生活を送ることに。「はじめまして!一条シンです!」というと観客は「いい名前!」と言ったり、お風呂の脱衣所のシーンでカゴで下半身がかくれている所で「かご邪魔〜!」と言ったり思い思いにツッコミを入れていく。おうえん上映の醍醐味である。ここでけっこうな人数の寮生たちが意味深に登場するのだが本編にほとんど関わりがなくて見終わったあとに「あの人たちは何だったんだろう」と困惑させてくれる。

そして映画は早くも中盤にさしかかり、エーデルローズの反対勢力であるシュワルツローズからの刺客、大和アレクサンダー(通称アレク)とかいうとても高校生に見えない老け顔ストリート系男子が送り込まれてくる。
オバレのメンバーであるカヅキ先輩とアレクとのストリートダンスバトルがここに勃発!!
左がアレクで右がカヅキ先輩。なんか少年漫画みたいなノリになってきたぜっ!

Kop_3

突然流れはじめる聞き覚えのあるイントロ…EZ DO DANCE…EZ DO DANCE…「バーニン!!」まさかのEZ DO DANCEきたー!!TK世代ど真ん中には嬉しいサプライズ。懐かしすぎるぜTRF!!

\ I can hear my voice 今始まるmidnight timeからこの場所で〜♪/
Kop_4
お前が歌うんかい!

\ な〜にも〜なくて道も〜なくて踊るキミはど〜こから〜♪/
Kop_5
お前も歌うんかい!
しかも無駄に上手い!

デュエットしながらのストリートダンスバトル!ヘッドスピン!でもフィギュアスケート!カオス!EZ DO DANCE♪(観客:フゥ!)EZ DO DANCE♪(観客:フゥ!)踊るキミをみ〜てる〜♪(観客:フウッフウッフウッフウッ!)観客のボルテージも最高潮!
ただのダンスバトルかと思っていたら突然竜に乗って戦い始めるふたり。カヅキ先輩が大空から竜にのって剣を振り下ろす!!アレクは避けようともせずに大きくのけぞって手をつかないブリッジの体勢で「シックスパァック!!」と叫びながら剣を腹筋ではじき返すという人間ばなれした荒技を披露。アレクの腹筋は強かったが私の腹筋は崩壊。笑いすぎて本当に腹筋がツった。

その頃エーデルローズではオバレのコウジがプリズムとは何かを厳しく教えるためにシン君と真剣バトルしていた。コウジが「ハチミツキッス」とか言う技?で尻からハチミツをくり出したのには度肝を抜かれすぎて意識を失いそうになったのでちょっとその前後をよく覚えていない。気付いたらシン君が見事に全裸で分身して飛びつくという伝統の?技を習得していた。
ふたつのガチバトルが同時刻で進行して画面でクロスオーバーし、EZ DO DANCEをバックに竜やらシックスパックやら尻やら全裸が飛び交い観客がサイリウムを降りながら応援しまくるこのカオス。一度経験したら病み付きになること間違いない。本当にみんなに見てほしい。渋谷のスクランブル交差点の4面マルチビジョンの権利を買い取ってこのシーンを1日中流してクレイジージャパニーズカルチャーを外国人観光客に見せつけたい。

そして物語は終盤へ。オバレのコウジがハリウッドデビュー(←ざっくり)することになりオバレは解散へ(あっさり)。ラストコンサート会場の空に突如あらわれる電車。電車に表示された行き先は「For Hollywood」。え?電車でハリウッド行くの!?というツッコミとコンサート会場の客おいてけぼりで上空で繰り広げられる壮大なお見送り。電車に乗り込むコウジ、見送りながら泣き崩れるヒロとカヅキ。夜空にすいこまれていく電車…満天の星空に描かれるオバレの3人…の星座ついに星座になりおったぁ!!なんなの?死ぬの?今生の別れなの?!もう笑いすぎてあばら骨が折れそう助けて。
コウジが旅立ってしまい、コンサート会場のサイリウムの光は消え、すすり泣くファンたち。そのステージに突然シン君が登場!オバレが解散してもプリズムの輝きは消えない!とばかりにシン君の歌とダンスで輝きを取り戻すステージ…シン君いつのまにこんなに歌って踊れるようになったのか全くわからない、先輩の尻からハチミツくらってたぐらいしか記憶にない…がとにかく、プリズムショーはみんなを笑顔にできるんだ!というところで本編終了。

Kop_9

寮生たちに囲まれてのハッピーエンド!
だがシン君とこの人たちが仲良くなるエピソードが特に無かったのでラストでいきなりめちゃくちゃ仲良さそうでビビる。最後まで全く説明がない一貫した姿勢に拍手を送りたい。

最後まで見ても結局「プリズム」とは一体なんだったのかさっぱりわからなかったが、これだけは言える。

Kop_6

 世界が…輝いて見える…!

私にも世界が輝いて見えましたありがとうキンプリ!
おうえん上映会、超絶たのしかったです。
普段しゃべっちゃいけない場所で友達としゃべりながら見れて、みんなでツッコんで爆笑してコンサートさながらにキンブレを振ってみんなで歌って…おうえん上映、すごいコンテンツだと思います。今後もっと増えてきそうな予感がしますね。そうそう、キンプリエリートの皆さんはキンブレを2本持って自由自在にあやつってらっしゃいました。自転車のシーンでは2本のキンブレをぐるぐるまわしたり、「恋した♡」という歌詞のところでハート型に動かしたり、教会のシーンでは2本を重ねて十字架にしていたのには荘厳すぎて感動すら覚えました。

すっかりハマってしまった私は先日キンプリビギナーの友達を誘って4DXも体験してきましたがこれもまた楽しかったですよ!アトラクションに乗りながら終始爆笑している感じです。キンブレふりすぎて腱鞘炎みたいになりました。最後のほうはもう肩があがらなくて右手を左手でささえながらキンブレふってました。アラフォーの体力の限界を感じました。
まだまだキンブレの振り方やお約束のかけ声などわかっていない部分が多いのでキンプリエリートへの道は遠いですが、続編があると思うので今後も楽しみにしたいと思います!
ちなみに私はシックスパックのアレクが大好きです!4DXに一緒に行ってくれた友達に「アレクが一番かっこいいよね!」と言ったら「え?かっこ…う、う〜ん…歌はうまいよね」とすっごい気をつかわれました!
そして夫は何故か5回も観に行ってます。なんで私より多いんだよ!

| | コメント (0)

2016年6月13日 (月)

4コマ「しましマン」

160610_simasiman

ボーダーをこよなく愛するボーディストあるあるですよね!!…ない?

| | コメント (3)

2016年6月 9日 (木)

4コマ「ウデ毛」

空前絶後の3日連続更新!
3日坊主の最低ラインはクリアしたので明日からは野となれ山となれ。

160609_udege

おお…その者、蒼き衣をまといて金色のウデ毛に降り立つべし…古き言い伝えはまことであった!

ナウシカはいいぞ!!

| | コメント (0)

«4コマ「胸キュン」