« i-podの中身 | トップページ | わがままは、さとうの罪 »

2008年9月11日 (木)

広島紀行(1)ポニョの浦

一ヶ月も前の話になりますが、8月頭に3日間だけ休みを取って、生まれ故郷である広島に帰った時の記録です。

私の母の故郷は、広島県福山市の瀬戸内海に面した「鞆の浦(とものうら)」という小さな町です。私は東京育ちですが、生まれた場所は福山で、中学生までは毎年夏休みになると1ヶ月間丸々この鞆の浦で過ごしていました。東京からは私と兄、大阪から親戚の男の子たちが3人集まって、毎年それはもうにぎやかで楽しかったものです。
家から歩いてすぐに海に出ることができ、祖父の小さな釣り船に乗って近くの仙酔島に行き、朝から晩まで泳いだり、釣りをしたり、海水浴場のゲーセンやシャワー室の近くで落ちている小銭を探したり(これが意外とけっこう落ちてる)、夜になると花火をしたり、祖母が家の近所でやっていたお好み焼き屋に行って勝手にジュースを飲んだりと、思い出は尽きません。

鞆という町は、昔ながらの家屋がとても多く、ちょっとタイムトリップしたようなレトロな町並みが本当に素敵です。道の幅が異常に狭く、よそから来た観光客は絶対に運転が出来ません。鞆の道が運転できれば世界中どこでも運転できると言われているほどです。
そして坂がとても多いので、少しあがれば静かで美しい瀬戸内海の眺望がひろがります。
鞆は私の大切な心の故郷なのです。
(いつも私たちをあたたかく迎えてくれるTおじちゃん、Yさん、Sちゃん、福山のHおばちゃんありがとうね!)

Tomo3

のんびり〜していて本当にいい町です。

Tomo5

そんな鞆が、最近ちょっとした脚光を浴びています。

なんと、あの「崖の上のポニョ」の舞台が、鞆の浦なのではないか!?という疑惑・・・じゃなかった噂が立っているのです!
鞆に住んでいる叔母からその噂は聞いていたので、ポニョは公開初日に見に行ったのですが、言われてみれば確かにちょっと似てる・・・というぐらいであまりわかりませんでした。
しかし8月頭に鞆に行った時、仙酔島でこんな張り紙を見つけました。

Tomo1

崖の上のポニョ
今夏公開のスタジオジブリ宮崎駿の最新作のモデルは、鞆の浦と仙酔島!


おお・・・言い切っちまった!!
その下には小さくこう書いてあります。

2004年11月、スタジオジブリの社員旅行で鞆を訪れた際、すっかり鞆にハマってしまった宮崎監督は翌年春から2ヶ月に渡り、鞆に別荘を借りて滞在しました。その別荘は崖の上にあり・・・・
鞆の浦の某飲食店には主人公の金魚姫のモデルとなった金魚が実在します。

その矢印の先には・・・

Ponyo

・・・・・

これはどう考えてもこじガフッ!!(←西方角からの大きな力によって抹殺された)

ポニョのモデルの真偽に関しては正直わかりませんが・・・しかし社員旅行で鞆に来るって相当シブいですよ・・・しかも海水浴できない寒い季節に・・・かなりのツウがジブリ社内にいらっしゃると見ました。あの町並みに惚れる宮崎監督はさすがですね!2ヶ月も滞在ということはポニョの舞台説はかなり信憑性があると思われます。
それに私は鞆の一部しか知らないのでよくわからなかったのですが、鞆で生まれ育った母から見ると、ポニョの舞台はとっても鞆に似ていたそうです。
そして説を裏付ける確固たる証拠として、映画の途中で出てくるスーパーの名前がなんと「TOMO」なんだそうです。そういえばあったよTOMOって!!映画見てる時は近所のドラッグストア(Tomod's)に似てるなーとか思ってて全然気付かなかったよ。(気付けよ)すごいなーー!これはもう間違いないですね!なんだか嬉しいですね。

宮崎監督が別荘を借りた場所の近所からの眺めです。素敵ですよね!

Tomo2

日暮れの船着き場の風景。映画にもこんな雰囲気ありましたね。

Tomo4_2

またポニョが見たくなってきました〜。
私はジブリ作品ではナウシカが一番好きで、ついついジブリアニメには壮大さを求めてしまうので、ポニョを見ている最中は正直物足りなかったのですが、見終わった後には、これはこれで楽しかったなあ〜もう一回見たいな〜と思いました。
個人的には、ポニョが半分魚で半分人間で何故か足が鳥みたいになっている状態の時のポニョの顔が全っ然かわいくなくて、史上まれに見るヤバ顔のヒロインな所が大好きですね。
ちなみにうちの母はひとりで映画館に見に行ったそうですが、エンディングの時にポニョのテーマソングを前の方に座っていた子供が歌い始めたのにつられて母も歌っていたそうです。さぞかしまわりに座っていた方々はビックリしたことでしょう。
60にもなって子供に負けない子供心を持った母・・・どんなアニメよりファンタジーを感じます・・・一緒にいなくて良かった・・・

広島の旅の後半は三段峡という所まで足をのばしてきました。
三段峡についてはまた次回アップします。

|

« i-podの中身 | トップページ | わがままは、さとうの罪 »

コメント

ついつい歌を歌った母に拍手!
っていうかむしろ自分から歌い始めて、子供が釣られて歌ったんじゃ?(笑)


にしても美しい風景ですな。日本の原風景。魔女宅の時、宮崎監督は実際にスペインだったかな、街にスタッフを連れて行って目で見て確かめて描け!というたそうですしね。

2ヶ月間というのは長いようであり短いのかな。

ぽにょちゃんは、スタッフの子供があまりにもかわいくて女の子を主人公にしようということになったとテレビでみましたよ。

投稿: risakj | 2008年9月12日 (金) 17時27分

おひさしぶりです☆上京と個展の日があわずまたも機会を逃して悲しいです・・・ぜひ関西でも♪さてポニョ!!あたしもひろみさんと同じくジブリには壮大さを求める派だったのでポニョはかなり子供っぽかったように感じながら歌とあの顔がアタマから離れません(笑)あと故郷いいですね~~あたしもレトロ街は大好きで京都の三年坂や馬籠あたり大好きです☆

投稿: みゆ | 2008年9月13日 (土) 04時11分

追伸☆カレンダーアップ拝見しました!あたしもぜひ1冊お取り置きいただけると嬉しいです♪

投稿: みゆ | 2008年9月13日 (土) 04時16分

☆risa☆
そういえばオーストラリアに行った時にガイドさんが「タスマニアにはキキが下宿してたパン屋のモデルという噂のパン屋があって、そこの2階にはキキの部屋があって実際に泊まることができま〜す」って言ってた・・・写真見せられたけど本当にキキの部屋そっくりに仕立てあげられててホウキとか置いてあってベッドの上にはジジのぬいぐるみまで置いてあって若干引いた・・・coldsweats01
でもパン屋に宿泊できるってあんまり聞いたことないからちょっと面白いかも。

☆みゆさん☆
おひさしぶりですhappy01
ポニョの顔、頭から離れないですよね・・・特にブサイクちゃんな時の顔が・・・。人間の時は普通にかわいくて逆に物足りないです。ブサ顔万歳!
馬籠、良いですよね〜!3年前ぐらいに中山道の妻籠〜馬籠を歩いたことがあるのですが、日本は美しいなあと心から思いました。夕暮れの妻籠宿の雰囲気は特に忘れられないですね。
カレンダー、了解しました☆ありがとうございますhappy02heart

投稿: さとうひろみ | 2008年9月13日 (土) 15時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« i-podの中身 | トップページ | わがままは、さとうの罪 »