« わがままは、さとうの罪 | トップページ | 奴はさまよう黒い弾丸 »

2008年9月16日 (火)

最近見た映画

かなり前のもありますが、ここ数ヶ月で見た映画の中で印象に残った作品をまとめて。

ザ・マジックアワー

Magichour

ギャングのボスの愛人に手を出し、バレて殺されそうになった男が、命を助けてもらうために、とある俳優をだまして殺し屋に仕立て上げるハイテンションコメディー。
もうこの一言に尽きます。・・・佐藤浩市、最高・・・!!
佐藤浩市が出てきてからずっと笑いっぱなし。素敵すぎるわ浩市!惚れた!もう嫁にもらってくれ!え?大丈夫だって!名字一緒だからバレないって!(何がだ)
よくこんな面白い脚本考えつくよな〜三谷幸喜監督は本当に天才だ!!
ところどころ、「あれ?こんなシーン、昔の映画で見たぞ!?」という名作映画へのオマージュがちりばめられているのもニクい演出です。まあ、映画くわしくないんで2カ所ぐらいしかわからなかったんですが・・・。三谷監督は本当に映画が好きなんだろうなと、愛を感じましたね。
とにかく佐藤浩市の熱演が光る、笑える映画でした。DVDになったらまた見たいな〜。


スカイ・クロラ

Skycraw

永遠に大人にならない、戦争で戦いつづけることを宿命づけられた「キルドレ」たちの、繰り返される日々を描いたアニメーション映画。
映像が・・・空のCGアニメーションがすごすぎて、もうアニメなんだか実写なんだかという境目まで来てる感じです。もういっそ実写でいいんじゃね?(←意味ない)ってぐらいすごいです。
内容は・・・見終わった後なんだかやるせなさが残る感じでした。けど戦争ってやるせないものなのだろうからそれでいいのだと思います。
それにしても菊池凛子さんの声が浮いていたと思うのは私だけでしょうか?
特に「Enough is enough!!(もううんざりだ!)」と叫ぶシーンがかなり印象的すぎて、映画を見終わった後、私生活でうんざりすることがあると「イナフイズイナフ!」と叫ぶことがしばらく流行りました。


アクロス・ザ・ユニバース

Acrosstheuniverse

全曲ビートルズの曲で構成されたミュージカル映画。
ビートルズをテーマにしているわけではなくて、その時代を生きた人々の青春の日々が描かれています。混沌の時代を背景に、友情、恋、戦争、平和への願い、楽しさ、悲しみ、狂気・・・すべてが極彩色にいろどられて描かれています。かなり常軌を逸したメチャクチャな、でも美しいビジュアルと、こんな解釈もあるのか・・・と驚かされるビートルズの歌詞の大胆な解釈。ちょっと暗くて狂ってる感じの部分も多いので、ついてこれない人も多いかと思われるかなりおかしなテンションの映画ですが、私は面白かったです。でもちょっと気が狂いそうになるので体調悪い時には見られないかも。


崖の上のポニョ

Ponyo

さかなの子「ポニョ」が崖の上に住む男の子、宗介と出逢い、人間になりたいと願う。そしてふたりは冒険に巻き込まれていく・・・
ジブリアニメ史上まれに見るブサカワヒロイン、ポニョ!人間と魚の間ぐらいの状態が「えっ、マジでこんなんで大丈夫ですか!?」ってぐらいブサイクで度肝を抜かれますが、それがだんだんかわいく思えてくるから不思議。
ナウシカやラピュタのような壮大さは全くありませんが、かなり癒されます。
ポニョの舞台になった場所については先日ブログに書いています。


パコと魔法の絵本

Paco

良かった。これは本当に良かった。
これはもう誰にでも自信をもってオススメできます!
記憶が一日しか持たない女の子パコのために、忘れられない記憶をプレゼントしたいと病院の患者と先生が一丸となってパコが大好きな絵本の劇を見せてあげる・・・という内容。
最初から最後までものすごいハイテンションで笑わせるくせに泣かせる所は泣かせる・・・っていうかもう始まって30分ぐらいから終わるまでずっと泣きっぱなしでした。(泣きすぎ)
パコかわいすぎ。阿部サダヲ面白すぎ。彦麻呂おいしすぎ。
CGと実写のミックスも面白かったし、ビジュアル的にもキュートで見てて楽しかったです。嫌われ松子の時も思いましたが、中島監督は女の子が見て可愛いと思うツボを本当によくご存知ですね!
横に座ってたカップルの女の子の方が、終わった直後に「ブッキー(妻夫木)はどこにいたんだろうね☆」と言ってたので「おまえどこ見てたんじゃ!!?」と彼氏の方に力いっぱいツッコんでもらいたかったのですが彼氏は優しく「ザリガニ魔人だよ☆」と教えてあげていました。そして彼氏のほうが「でもほんとすげー良かったよな。もう今年一番の映画決定だな☆」と言ってたので「はえーよ!!」と彼女の方に力いっぱいツッコんでもらいたかったのですが、まあ私としてももう今年一番と言ってもいいぐらい素晴らしい映画だったので許してあげました。(何様)
それにしてもこの映画、驚いたのが小さい子供もキャーキャー言って喜んで見ていたことです。老若男女に受けるってなかなかできないことだと思います。天才監督だー!
(ちなみに、記憶が一日しか持たないという設定が同じのプロレステーマの映画「ガチ☆ボーイ」(佐藤隆太主演)を見にいった時は客がプロレス好きのオッサンばかりで映画館の中がオッサン達の熱い男泣きの嗚咽であふれかえっていました・・・)

|

« わがままは、さとうの罪 | トップページ | 奴はさまよう黒い弾丸 »

コメント

ポニョ、半魚の時の顔が一番スゴいですよね。足の生えたおたまじゃくし的な気持ちでした(どんなだ)
3回も観に行きました。そして毎度パコの予告をやるので観た気になってます。女装した國村さんはキチンと観たい気もするが……

映画じゃないのですが、私は今アメリカドラマの「アグリー・ベティ」に激ハマりしてます。
直訳「醜いベティ」です。第1シーズンは日本で放送済みなので吹替えがあるのですが、第2シーズンはこれからなので、ネットで流れている原版を素人字幕の時々穴ありを必死こいて見てます。雰囲気で物語を理解してます。間違ってるかもしれないけど;楽しいです♪

投稿: タチバナ | 2008年9月20日 (土) 01時44分

3回も見るなんてすごいね〜!うちの母は2回行ったらしいが・・・
女装した國村さんはすごかったよ・・・ジュディオングだった・・・

アグリー・ベティ、面白そうだよね〜!2週間前ぐらいに王様のブランチで特集してて見てみたいなと思ってたんだ。代理モデルになってた時のピッチピチの衣装がすごかった・・・根性だね。泣き笑いできそうなドラマだよね。

投稿: さとうひろみ | 2008年9月20日 (土) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わがままは、さとうの罪 | トップページ | 奴はさまよう黒い弾丸 »