« イタリア旅行記(2) | トップページ | イタリア旅行記(4) »

2009年12月 9日 (水)

イタリア旅行記(3)

イタリア旅行記、連載3回目です。
いよいよたった二人での鉄道の旅がはじまります!
目指すはピサの斜塔!

この日の前日に添乗員さんに「明日は自力でピサに行こうと思うんです。」と言ったところ「あ〜気をつけてくださいね〜ピサは一番スリが多いですから!ツアーで行っても3回に一回はスられますし〜(マジで!?)この前ツアーで連れていった男性の方なんて用心してズボンの裏に貴重品を縫い付けたらしいんですけどそれも取られたんですよ〜うふふ。(笑い事じゃねぇ!)どんなに気をつけていてもスられる時はスられますからね〜去年なんてバスごと盗まれちゃいました☆
イタリア怖ええーーーーー!!!!そこまでいったらもう対策が思いつかないよ!
かわいらしい添乗員さんの必要以上の脅しにN君と私は「どうする?カバンはコートの下に入れるとか?」「もういっそカバンもたなくていんじゃね?」「できるだけ貧乏に見せよう」「持ってる服の中で一番みすぼらしい格好でいこうぜ」「ダウンジャケットのフード外そう!フードのファーって金持ちっぽいもんね!(どんなイメージだ)」などと相談し、みすぼらしい格好+カバンを持たないという「貧乏手ぶら作戦」を決行しました。
そしてオオカミの群れの中に解き放たれた子羊のようにブルブル震えながら、ピサ行きの電車があるサンタ・マリア・ノヴェッラ駅に向かいました。

券売機だと買い方がよくわからないので、駅構内のタバッキ(タバコ屋さん。キオスクのようなお店)でN君がi-podに入れたイタリア語指差し会話帳を店員さんに見せて切符を往復分購入。いつもの海外旅行ならカタコトの英語で奮闘するのですがイタリアは英語があまり通じないのでイタリア語指差し会話帳が大活躍でした。
電光掲示板でピサ行きの電車が出るホームを確認し、ホームにある黄色いボックスに切符を通してガチャリと印字。(これをしないとキセル扱いされるので注意!)
いよいよ電車に乗り込みます。
33_firence_densha1

電車はこんな感じです。特にかわいくもなく普通。車両によっては激しくラクガキされていたりしてどちらかというと怖い。

33_firence_densha

車内はこんな感じ。ラクガキだらけでちょっと怖いです。
必要以上におびえている私の目には乗ってくる人みんなが悪い人に見えてしまい、極度の緊張状態に陥り、史上最高にワキ汗びっしょりでした。(汚い)

発車予定時間になっても電車が動く気配は無く、「本当にこの電車で良いのだろうか?」とものすごく不安でしたが、30分遅れでようやく発車。イタリアの電車は時間通りに発車することはほとんど無いそうで5分10分当たり前、20分以上でやっとみんながイライラしだす、という感じらしいです。

34_firence_shasou

郊外に出るにつれてのどかな田園風景がひろがります。色の感じが絵画のようで素敵です。
外の、のどかな雰囲気とは裏腹に車内は目つきの怖い人達ばかりで殺伐とした重い空気。N君は世界の車窓からごっこがしたかったらしく、せっかくi-podに世界の車窓からのテーマ曲を入れてきたのに結局流せませんでした・・・

そんな1秒たりとも気が抜けない精神的にギリギリの戦いをすること1時間10分、ようやくピサ駅(Pisa Centrale)に到着です!どうにか電車では無事でしたがここからバスに乗らなくてはなりません。ところがバスターミナルには乗り場が沢山あってどれに乗れば良いか全くわからず、近くにとまっていたバスの運転手さんに「ピサタワー?」と聞くと、むこうのバスだよ、みたいな感じで指差した方向にあったバスのまわりにはジプシーの集団がうじゃうじゃいるではありませんか!こ、これは・・・あのバスに乗ったら100%やられる!!まさにわざわざ食べてくださ〜いとオオカミの群れに飛び込んでいくようなものです。ピサの斜塔には歩いてもいけるらしいのでここは泣く泣くバスをあきらめて徒歩で向かうことにしました。
もう精神的にギリギリアウトになっていた私は半泣きで使い物にならず、ピサの地図もなく、駅前の看板の地図を脳裏に焼き付けたN君がほぼ勘のみで私を引きずるようにして歩くこと30分・・・

35_firence_pisa1

あっ、あれは!!!!!!!
あの神々しいお姿は!!!!!!!
あまりにも精神的にやられていたので斜塔が見えた時は本当に涙が出ました!

36_firence_pisa2

おお・・・!傾いてる!すっごい傾いてる!!
実際に見ると、想像以上に傾いてます!
さっきまで死んでたくせに一気にテンションがあがった私はお約束のショット☆

35_firence_pisa3

ピサに来た人の9割がやるであろう遠近法を利用したこのショット。
お顔はイタリアということでジョルノ・ジョバ〜ナ氏を拝借!(怖いよ)
来る前は「お約束ショット、オレは絶対やんないよ?」と豪語していたN君も「オレも撮って!」とあっさり気が変わってました。それほどのパワーがピサの斜塔にはありますね!

いつまでも遊んでいたかったですが、ただでさえ本数の少ない電車をのがすと夜遅くなりすぎて怖いので早めに切り上げて、また徒歩で駅に帰ります。
帰りはまわりを見る余裕がやっと出てきたのですが、にぎやかな商店街や、夕焼けの川の景色が素敵な橋を渡ったりと、ツアーバスでは出来ない経験をすることが出来ました。
でも全ての移動が自力だったらどんなに大変だっただろう、としみじみ思いました。精神力の弱い私では絶対乗り切れなかったでしょう。ツアーに感謝です!
帰りの電車では同じ車両に不良の集団が乗ってきて、行きよりも更に怖かったですが、どうにか無事にフィレンツェの街に戻ってくることができました。

もうすっかり暗くなってあまり時間がなかったので夕飯はピッツェリア(ピザ屋さん。切り売り、立ち食いスタイルが主。街のあちこちにある)で買い食い。

38_firence_piza

すごい美味しかったです!この旅で食べたピザの中で一番美味しかったかも。
そして食後のデザートはやっぱりこれ☆

39_firence_gerato

ジェラートです☆本当はこの2倍ぐらい盛られましたが落ちそうだったので上の方を食べてから撮影しました。どんどん盛られてそんなに食べれっかと思い「ピッコロ!ピッコロ!(小さく!)」と言いましたが全く通じませんでした。ピッコロさぁ〜〜ん!(←悟飯風に)全部食べたらすっかり体が冷えました。(そうだろうな)

こうして大変でしたが思い出深いフィレンツェの一日は終わりました。
ホテルに戻って眠り、次の日は朝からシエナに移動です。

正直、シエナって一体何があるの?何故このツアーに入っているの?と全く期待していなかったのですが・・・良かったですよ!シエナ!

41_siena_2

町並み・・・ヤバいです!!
絵の具の色で「シエナ」とか「シェンナ」ってありますよね。それってまさにこの町の色からつけられたんだそうです!

42_siena2

どこを歩いても映画のワンシーンのようです。
実際、シエナは映画の撮影や広告ポスターの撮影などによく使われる町なんだそうです。

43_siena3

なにげない道の標識まで絵になります!

46_siena6

47_siena_duomo

シエナのドゥオモ。
フィレンツェのドゥオモに対抗して作られたらしいです。色使いとか似てますね。

47_siena_duomo2

よーく見てみると動物が建物からにょーんと出ててちょっと笑えました。

48_siena_hiroba

広すぎて写真に写しきれなかったカンポ広場。
建物はプッブリコ宮です。

私の力不足であまり伝わらなかったと思いますが、シエナ、素晴らしかったです!行けてよかった!
派手さはありませんが、歩いているだけでも楽しい、目に美しい町です。
ちなみに坂道しかないのでアップダウンがハンパじゃないです。しかもでこぼこ石畳。ヒールとかで行ったら死ぬと思いますのでご注意!

さあ次はいよいよこの旅のラスト、ローマに向かいます!
旅行記も次回でラストです。もう少しだけおつきあいください♪

|

« イタリア旅行記(2) | トップページ | イタリア旅行記(4) »

コメント

ええ、イタリアの電車にはやられました。電車出ないなあと思ってたら、ストに入っちゃったりね。時間通りには出ないし、郊外だと乗車券チェックなんてないから、ジプシー家族乗ってきまくりでしたわ。ピサの斜塔は私も感動!一駅間違えて降りたから、倍歩いて見つけたから余計感動!しかし、昇り賃が高くて ピサには二度目の旦那も今度こそは!と思ってたらしいけど断念。あたり前だけど、やっぱピザ ジェラーと、パスタはうまい!

投稿: みいな | 2009年12月 9日 (水) 22時34分

は~~~~~~~~~~~・・・
素適すぎる写真でため息ついて
文章で笑って数分ですがとっても
濃い時間を過ごさせてもらいました(笑
あたしも行きたいデス!!!
きっと町並みとかいろいろこの先の
ひろみさんのイラストにも垣間見えたりするんでしょうね♪♪♪

投稿: みゆ | 2009年12月11日 (金) 00時10分

☆みいなさん
イタリアの電車、ひどいですよねぇ・・・まあ向こうから言わせると日本の電車の正確さが異常らしいですが。
ピサ往復の電車では幸いなことにジプシーは乗ってこなかったですが不良が超怖かったです。不良同士、車両の後ろと前の席に離れて座って他の乗客おかまいなしで大声でしゃべりまくり、音楽かけまくり、通路にでっかい荷物置いて足おきまくり、あげくの果てにキセルしてたようで乗車券チェックに来た車掌さんとモメてました・・・他の乗客は全員目をあわせないように沈黙してました・・・shock
みいなさんも歩きでピサ行ったんですね、しかも倍歩いたんじゃ感動もひとしおですねcryingshineやはり苦労すると思い出は一段と色濃くなりますね!

☆みゆさん
旅行記、読んでくださってありがとうございますheart04
本当はもっと素敵な写真が撮れるはずなんですが、建築物がでかすぎて私のデジカメでは写しきれませんでした(カメラのせいじゃなくて腕のせいなのか??)広角レンズが本気で欲しくなっちゃいました。
イタリア本当にオススメです!!
この感動がイラストに垣間見えるようになったらいいですよねーーー、ダビデとかheart(垣間見えちゃダメ!)

投稿: さとうひろみ | 2009年12月11日 (金) 10時30分

ピサの斜塔は入れなくなっちゃったんだよね、傾きすぎて(笑)。NYのツインタワーで二人で挟まったことを思い出したよ。


あ~来年はイタリア語やろうかな。

ぼーのぼーの!

投稿: risa | 2009年12月12日 (土) 11時45分

斜塔、一時期は入れなかったみたいだけど、修復工事して、たしか今は入れるはず。ただ一日に入れる人数が制限されてるから早めに行かないと入れないみたいだけど。
ツインタワーにはさまったの、なつかしい!若いってすごいよね。楽しかった!
イタリア語、risaなら3ヶ月ぐらいで日常会話レベルはいけるんじゃない??
ティ アーモheart

投稿: さとうひろみ | 2009年12月15日 (火) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア旅行記(2) | トップページ | イタリア旅行記(4) »