« イタリア旅行記(3) | トップページ | 銀ブラ »

2009年12月17日 (木)

イタリア旅行記(4)

イタリア旅行記、ついに最終回です!
ラストはローマづくしでお送りします。

49_roma_pizza

シエナの観光を終えてすぐにバスで移動。
3時間半ほどでこの旅の最終目的地、ローマに到着です!

ローマに着くなり即ランチタイム。マルゲリータの巨大ピザをいただきます。上の写真のピザの手前にあるのはガーリックやレッドペッパーなどが入った辛いオリーブオイル。イタリアではタバスコを置いているお店はあまり無いそうで、「ペペロンチーノ」と言うとこれを持ってきてくれます。タバスコより辛くないので辛いものが苦手な私でもたっぷり使えます。ピリっと美味しいです!
ピザがあまりにも巨大すぎて他のツアー客たちが全員半分ぐらい残していたのに、N君はひとり完食してました。「オレ、だんだんイタリア人になってきてるのかもしれない」と満足げでした。(ただの大食い)

最終日である明日は丸々一日自由行動なので、この日の観光はローマの超有名どころを3カ所さらっと回るのみ。すでに夕方なので駆け足でまわります!

まずはいきなりバチカン市国へ!
バチカン市国はローマの中にあって東京ディズニーランドとほぼ同じぐらいの面積しかないのにひとつの独立した国なんです。世界一小さい国なんだそうです。
カトリックの総本山、サンピエトロ大聖堂へいきま〜す。

50_roma_sanpietro1

この広場は映画「天使と悪魔」のクライマックスシーンでも有名ですね!ユアン・マクレガーがヘリで爆発してパラシュートで舞い降りてきた場所です。
大聖堂の前に大きな液晶画面があるのが見えますでしょうか。これは週に一度ローマ法王が演説するのを映し出す画面だそうです。
近くに寄ってみると・・・

55_roma_tv

Panasonic来たーーーーー!!!!

さすがカトリックの総本山!目のつけどころがシャープだね!(←会社が違う!)

日本企業の活躍に軽くテンションがあがったところで大聖堂に入ります。
ここだけでなくイタリア中のほとんどの教会がそうなのですが、肌の露出が多いと中に入れてもらえません。私はショートパンツに黒いレギンスをはいていたのですが、ガイドの人に「それ、もしかしたらダメかも」と言われてビックリ。レギンスが下着だと見なされると入れないらしい・・・ジャケットを腰にまいてスカートのように見せてなんとかパス。

51_roma_sanpietro

大聖堂の中はどこを写してもフレームにおさまりきらず・・・この素晴らしさ、壮大さは実際に見ないと伝わりません!

52_roma_sanpietro3

ミケランジェロ作の「ピエタ」。マリア様がキリストの亡骸を抱いているところです。

大聖堂はスイス兵が常駐して安全を守ります。
この制服・・・デザインが斬新すぎ。

53_roma_sanpietro4

かっこいい☆

54_roma_sanpietro5

ふふふ・・・私の手の平で踊りなさい兵隊さん。(←何プレイだ)

次はトレビの泉へGO!!

55_roma_torevi

なんだか神秘的な色の写真ですが一切色調整してません!
夕方のトレビもなかなか素敵です!

56_roma_torevi1

泉の前は人でごったがえしてます。でもこれでも観光シーズンよりは少ないみたいです。
コインを投げに行くのにもひと苦労・・・。
泉に背を向けて、右肩ごしにコインを投げ入れると願いごとが叶うそうです。

本日最後はスペイン坂!

57_roma_torevi2

映画「ローマの休日」でオードリー・ヘップバーンがジェラートを食べていた階段です。
(今は階段での飲食は禁止だそうです。)
2年前ぐらいにローマに行った友達が当時、「NAKATAっていうジェラートが売ってたよ・・・どんな味だよ・・・ていうかもう中田引退してるし」とツッコミを入れてましたが、まだ売ってましたNAKATA!!さすが世界のNAKATA!引退してから何年売る気だ・・・!時間がなかったので食べませんでしたが・・・どんな味なんだろう〜。

この日の観光はこれで終了。
いよいよ最終日、一日丸ごと自由行動です!
N君と私のそれぞれ見たい所をとにかく徒歩でまわるというプランに決定し、ふたりともそれぞれポケウォーカー(ポケモンの万歩計ゲームのようなもの)を装着して、いざローマ中心部へ出発です!ふふ、まさかローマでこんなもんつけて歩いてるやつは私たちぐらいなもんだろう!!

私がどうしてもバチカン博物館に行きたく、ここは死ぬほど混むので朝イチで並ぶために5時起きで6時半にホテルを出発。ホテルが郊外なのでローマ中心部まではバスを使います。バスの切符を売っているお店がまだ開いてなくてタバッキまで歩いてようやく切符購入。はじめてのローマバスに乗り込みます。
バスの中にある黄色いボックスに切符を通して印字するのを忘れずに!

58_roma_bus

バスの中もラクガキだらけで殺伐とした雰囲気です。バスや地下鉄にもスリが多いとのことだったので怖かったですが、朝早かったので通勤客ばかりでスリやジプシーはいないようでした。

8時にバチカン博物館に到着!
おお〜〜まだ10人ぐらいしか並んでない!ラッキーです!

59_roma_vatican1

予約無しの個人だと並ばないといけませんが、団体客や、個人でも予約していると開館前から優先的に入れるようで、並んでいる私たちを横目にどんどん入っていきます・・・いいなあ・・・
地球の歩き方には開館が8時半、るるぶには9時と書いてあったので一体どっちなんじゃいと思っていたら結局この日は8時45分に入れてもらえました・・・うーん・・・まあいいか!
チケットを買って、目指すはシスティーナ礼拝堂!!今日一日、他に沢山まわりたいのでバチカン博物館ではシスティーナ礼拝堂に的をしぼります。全部見てたら3日間ぐらいかかりそうなこの博物館、観光シーズンだと2時間待ちとか当たり前で、中は人がごった返して、狭いところはすれ違うのも大変なほどらしいのですが・・・。

しかしシーズンオフの今、そして朝イチ・・・

60_roma_vatican2

わっはっはーーー人がいなーーーい!!!

ダッシュダーーッシュダッシュ!キックエーンダッシュ!
燃〜えて〜バチカン〜か〜けぬ〜け〜ろぉ〜〜〜♪

思わずキャプテン翼をくちずさみたくなるほどぜいたくなバチカンダッシュ!
ちなみにキャプテン翼はイタリアでも大人気で、トッティなどイタリア代表選手のほとんどは子供の頃キャプテン翼を読んで育ったそうです。ちなみにイタリア版だと翼君の名前は「オリバー」、若林君は「ベンジャミン」、岬君は「トム」、日向君は「マーク」、立花兄弟は「ジェイソン&ジェームズ」、三杉君は「ジュリアン」(妙にしっくりくる)、石崎君は「ブルース」です。(渋すぎるだろう!)

そんな豆知識はさておき、一路システィーナ礼拝堂を目指す私たちですが、所在地は一番奥。と、遠い・・・!どんだけ広いんだバチカン博物館!ダッシュでも相当時間かかったので混んでる時は行って帰るだけでも2時間ぐらいかかるんじゃないだろうか。
ヘトヘトになりながらようやく礼拝堂に到着!そう、これが見たかったのです!
礼拝堂の中だけは撮影禁止だったので資料でドーン!

Saigonosinpan

ミケランジェロの大傑作、「最後の審判」!!!

壁一面!でかい!なんなんだもう!すごすぎる!!圧倒される!
私はキリスト教ではないですし、神様の存在とか深く考えたりしないので、意味を完全には理解できないと思いますが、そんなこと関係なく魂をゆさぶる人知を超えた力を放っています。これは感動せずにはいられません!
一気に疲れが吹っ飛びました。来てよかった・・!

ミケランジェロはこの作業でヒザに水がたまって背骨がネコのように曲がってしまったそうです。そりゃそうなるよ・・・そこまでやったアナタはすごいよ・・・ミケ様・・・!(妙なあだ名をつけるな!)

そしてそして!個人的には最後の審判よりもっと見たかったこの作品!

Adamnosozo

「アダムの創造」ーーーーー!!!!

てっきり額に入って飾られてるのかと思ってたんですが、壁画だったんですね・・・!壁画というか、天井の真ん中に描かれてました。まさかそんな場所にあると思わず、うっかり見逃すところでした。天井は遠いので、細部までしっかり見たい細部ハンターさんはオペラグラスを持参されることをオススメします☆

いや〜もう感動の嵐。額に入った絵画なら日本の美術館に巡回してくることもありますが、壁画はその場に行かないと本物見られないですからね!行ってよかったシスティーナ礼拝堂!

そして帰りもバチカンダッシュ!
あまりにも人がいないのでこんなことまで出来ちゃいます♪

61_roma_vatican3

マリオ・イン・バチカン!(怒られるぞ)

行きはチラホラ人がいましたが、さすがにこんなに早く帰る人はいないようで、出口の名物、らせん階段をまさかのひとりじめ!!

62_roma_vatican4

美しい〜 なんてぜいたく!!

大満足でバチカン博物館を出て、次はサンタンジェロ城に行きます。
徒歩で10分ぐらいでいける近さです。

63_roma_santangero

サンタンジェロ城に到着!
なんだか雲行きがあやしくなってきました。雨ふりそう・・・

64_roma_santangeromae

サンタンジェロ城前からの景色。素敵です!

65_roma_santangero3

サンタンジェロ城にのぼるとローマが一望できます!

そろそろお腹がすいてきたので、ランチにすることにします。
徒歩で15分ほどでナヴォーナ広場に到着。

67_roma_navona

ナヴォーナ広場のオープンカフェでパスタのランチ。

68_roma_navonalunch

ペペロンチーノ、最高でした!N君が注文したカルボナーラは味が塩からすぎて失敗でした。

69_roma_espresso

食後はやはりローマっ子の定番、エスプレッソ。
これちょっと飲んじゃったわけじゃなく、最初からこの量です。
ち〜〜っさいカップに雀の涙ほどの量の濃ゆ〜〜いエスプレッソが入っていて、これにお砂糖を2本ぐらい入れてドロドロにして一気に飲むのがイタリアスタイルだそうです。
イタリアには「バール」という立ち飲みカフェのような小さいお店が街中に沢山あって、エスプレッソを立ったまま一気に飲んですぐに立ち去り、次のバールに行くという、バールをハシゴして一日に何度もエスプレッソを飲むんだそうです。くそ甘い(言葉づかい失礼!)エスプレッソを何杯も??そりゃ糖分とカフェインの摂り過ぎだろ!と思うのですが、イタリアは平均寿命80歳を超える長寿の国なんだそうで・・・糖尿病とかにならないんですかねえ??オリーブオイルが体にいいのかな??
というわけで、この日、私とN君はバールを何軒もハシゴしてエスプレッソ立ち飲みしまくってローマっ子になりきってました。バールハシゴ、楽しかったですよ!イタリア語、全然覚えられませんでしたが、「ウーノ エスプレッソ ペルファボーレ(エスプレッソ1つお願いします)」だけは完全に覚えました!

70_roma_panteon

続いてパンテオンに到着!ナヴォーナ広場から10分かかりません。

71_roma_panteon_rf

ここの中にはラファエロのお墓があるのです。上の写真の下、光っているところがラファエロのお墓です。

次はローマの休日で有名な「真実の口」にむかいます!
ここはけっこう歩きました。30分近くかかったかな。
真実の口は本来あった場所から何故か移設されたようで、まさに取ってつけたような場所にあります。観光客は写真を撮るために鉄の柵の中に並び、順番を待ちます。なんだか異様な光景です。

72_roma_shinjitsu

せっかくなのでオードリーを拝借。
本当はN君とふたりのショットも撮りたかったのですが、混んできたためか係りのおじさんの虫のいどころが悪く、怒っているようだったので1枚撮るのが限界でした。よく見たらこのおじさん、世界の果てまでイッテQでベッキーが怒られていた人と同一人物でした・・・。怖いよ・・・。

次はフォロ・ロマーノに向かいます。
地図で直線距離だとすぐに行けると思ってたのですが、城壁のようなものに囲まれていて、ぐる〜っと遠回りしないとたどりつけず、けっこう疲れました。

73_roma_folo

フォロ・ロマーノ。古代ローマの中心部だったそうです。
今のローマの街は古代ローマ時代より上の地面に作られています。逆にいうと、今のローマの地面を掘ると古代ローマの遺跡がざくざく出てくるというわけです。洪水の度に土砂で埋められてどんどん地面があがってきたという理由らしいですが・・・とにかく、うっかり工事で地面を掘ると遺跡が出てきちゃうもんだからあんまり新しい建築ができないそうで、ローマが昔の姿をとどめているのにはそんな理由があったんですね。

フォロ・ロマーノの遺跡を通り抜けると・・・

74_roma_corosseo

来ましたーーーコロッセオ!!!!

これもまたフレームにおさまりきらず・・・良い写真じゃなくてすみません。広角レンズが欲しい・・・!
もっとボロボロの建物を想像していたのですが、意外と綺麗でした。

75_roma_corosseo2

コロッセオは中に入場できます。内部はこんな感じです。
今はむきだしになっている地下は本来、板がはられて舞台になり、その上に砂がしきつめられていたそうです。砂はイタリア語で「アレーナ」。コンサート会場などの「アリーナ」という言葉はここから来ているそうです。

歴史のロマンに思いを馳せている私の横でN君は、観光客の中に18歳ぐらいでツインテールをしている金髪の女の子を発見して「セーラームーンだ!」とつぶやきながら隠し撮りをしたり、日本から持参してきたファスナーを遺跡の上に置いてジョジョの奇妙な冒険のスタンドプレイを楽しんだりと、どこに出しても恥ずかしくない立派なオタクっぷりを発揮してました。(恥ずかしいよ!)

これで二人の回りたかった所は全て制覇!!
本当は帰りのバスが出るテルミニ駅までコロッセオから地下鉄に乗って帰ろうと思っていたのですが、まだ時間があったのでお土産を買いにトレビの泉周辺に歩いて立ち寄り、もうこうなったら最後まで徒歩でいいじゃんってことでテルミニ駅まで歩いちゃいました。一日でほぼローマ市内をぐるっと徒歩でまわったことになります。ポケウォーカーは三万歩を超えてました!足の痛みに耐えてよく頑張った!感動した!!(小泉元首相←古い)

最終日だし、最後のディナーぐらいはちょっと奮発しよう!ということで、テルミニ駅近くにある「マングロービア」というレストランに行ってみました。

前菜に生ハムを注文。目の前のスライサーで生ハムをスライスして出してくれます。あまりの美味しさに大興奮の私たちの横で、さっきスライスしてくれた店員のお兄さんが厨房から小さいパンを2枚持ってきて、なにくわぬ顔で生ハム数枚カットしてパンにはさんで厨房に消え、数秒後に口いっぱいに何かをほおばってモグモグしながら厨房から出てきたのには度肝を抜かれました。明らかに食っちゃってるよお兄さん!!なんて自由なんだイタリア人!

76_roma_dinner1_2

手長エビのリゾット。
最高に美味しかったです!!こんな美味しいリゾットがあるなんて!

77_roma_dinner2

手長エビのボイル。手長エビが名産なので沢山食べちゃいました。

78_roma_dinner3

せっかくイタリアに来たので、本場のティラミスを。
なんだか汚いですが、最初からこうでした。日本のように繊細な見た目にはこだわらないようです。
味は日本のティラミスよりさっぱりしていて甘くないです。あっという間に完食!ごちそうさまでした☆

こうして全ての旅程を完全にこなし、大満足でイタリア旅行が終わりました。

帰りもまた乗継ぎでイスタンブールに寄り、ヒマだったのでトルコアイスを食べました。
日本でもたまに見かける、ものすごいビヨ〜〜〜〜ンと伸びる珍しいアイスです。

79_tarkyice

イタリアで食べたどのジェラートよりも美味しかった・・・・あなどりがたし、トルコアイス!!
イスタンブールから成田までの飛行機では、空席があって3人席に私とN君ふたりだけという幸運!ゆったりと12時間を過ごしました。
機内の映画でルーキーズをやっていたので見ていたのですが、試合の8回で7対2ぐらいで負けているという一番重要なシーンでうっかり眠くなってしまい、気付いたら逆転勝利で試合終了してました・・・。

あまりにも駆け足すぎるスケジュールだったため、ブログを読んでいる人から「本当にイタリアに行ったのか?」「名古屋のイタリア村に行ったんじゃないか?」「いや東武ワールドスクエアだろう」などと揶揄されましたが、本当に行きましたよ!美味しいところだけちょっとずつ食べたい欲張りな私にはぴったりのツアーだったと思います。あまりにもハードだったのでやり尽くした感満載で、全く後悔がありません!なんという清々しさ!
結局スリにも遭わず、無事に何も盗られないで帰ってこれました。
いや、イタリアはとんでもないものを盗んでいきました・・・私の心です!!(ルパンか)

長々と旅行記におつきあいいただきありがとうございました!
イタリア、本当に楽しかったです!!

|

« イタリア旅行記(3) | トップページ | 銀ブラ »

コメント

素敵な新婚旅行でしたね!
日本にはない魅力をおすそ分けしてもらい、
私も幸せな気分になりました。

N君はきっと、屈強なイタリア人DFはかわせても、
ひろみさんの愛情はかわせなかったんですね。

私の得意料理の一つにペペロンティーノがあるのですが、イタリアとどっちが美味しいのか、いつかご馳走してみたいですnoodle

投稿: マツヤマケンイチ | 2009年12月18日 (金) 00時13分

マツケンさん、旅行記読んでくださってありがとうございますshine
ペペロンチーノお得意ですか〜〜マツケンさん、料理の出来る男をアピールすればモテモテですねheart04ルパンx不二子ちゃんごっこも夢じゃないですね〜smile
いずれN君と私にも是非ごちそうしてくださいねwink

投稿: さとうひろみ | 2009年12月18日 (金) 10時29分

こんにちは!
生ハムのお兄さん、吹き出しました!(笑笑笑)

お客さんの目の前で店員がまかないを持ってくってこと??ん?と思いながら読んでたんですけど、口いっぱいにほおばって出て来た、で、見た事ないそのお兄さんがリスみたいな頬で出て来たとこ想像しちゃいました。

どうしてそういう場面に出くわせるのですか〜(笑)

投稿: kana kobayashi | 2009年12月18日 (金) 19時24分

kanaさん、おひさしぶりですhappy01
店員のお兄さん、超自由でしたよ〜。まかないではなく、お客様に出す用の生ハム(しかも私たちの席の目の前にあった)を堂々とスライスして一瞬だけ厨房にかくれて瞬間的にほおばってましたから・・・一応かくれるってことは悪いことをしている自覚があるのかもしれませんが、もぐもぐしながら接客してたんで全く意味ねーーー!と衝撃を受けましたcoldsweats01

投稿: さとうひろみ | 2009年12月19日 (土) 19時44分

Uno Espresso Por Favorはスペイン語じゃないのか?
イタリア語とスペイン語ってそんなに似ているのか???

だから、これ、あれでしょ、ひろみの夢の中でしょ?駄目だよ、妄想でブログ書いたら。それはちゃんと合成してますって言わないと(笑)。


私も早くヨーロッパに戻りたいわー。

投稿: risakj | 2009年12月31日 (木) 22時51分

あら〜スペイン語も同じなの?そんなに似てるのかい??
まあイタリア土産がドイツで簡単に売ってるぐらいだもんね〜〜poutヨーロッパめ!!
確かに妄想は得意だけど本当に今回はイタリア行ったから!確かに写真が合成っぽいとrisa以外からも指摘されたけど合成じゃないから!

投稿: さとうひろみ | 2010年1月 3日 (日) 23時21分

ヨーロッパ良いとこ一度はおいでー(笑)。

http://www.june.co.jp/animata/kouza/body/000710_kouza.htm

つづりは違うけど、Por FavorとPer Favoreはとても似ているね。スペイン語とイタリア語一緒に習おうかな。どこかにハーフいないかな(笑)。

投稿: | 2010年1月 9日 (土) 19時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア旅行記(3) | トップページ | 銀ブラ »