« 2010年4月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年5月29日 (土)

最近見た映画

「アリス・イン・ワンダーランド」
Alicemovie

私の友人M師匠が数日前、「アリスを見に行った」と言った人に「復活ライブ行ったんですか?」と素で返してしまったと言ってて爆笑しました。
只今絶賛公開中のオシャレ映画と昭和のフォークグループ「アリス」を勘違いしたという・・・
M師匠私より2歳若いくせに発想が昭和すぎる。面白すぎたので「ユアーロンリーサンダー!」と褒めてあげたら(褒め言葉か?)ライラライラライラライ♪と返ってきてもう笑いが止まりませんでした。

で、映画のアリスの方の話ですが、う〜ん、なんだかな〜・・・。ネバーランドにまだ片足つっこんだまま脳内メルヘンの世界に生きる私でさえも内容が子供っぽすぎてちょっと退屈でした。映像は綺麗だったけど個人的にはもっとドロドロとアクが強くてもよかったなあ。でもティムバートンとジョニーデップのコンビは楽しみなので今後も期待です♪


「名探偵コナン 天空の難破船」
Conanmovie

来ました毎年恒例のコナン祭り!
年々ストーリーのクオリティが下がっていてハラハラドキドキ☆のコナン映画。2年前の映画では遠く離れた受話器から助けを求めるために110番を押す時に鳴る電話のプッシュ音「ピッポッパ」をコナン君が「ハッ♪ハッ♪ハ〜♪」と自らの声で再現して手をつかわずに見事電話がつながったり、去年の映画では1メートルの超至近距離で犯人に銃をつきつけられた蘭ねえちゃんが得意の空手の間合いで銃弾をよけた時には最強すぎてもうこの姉ちゃん工藤新一が守る必要ねぇーー!と驚愕したりとあり得ない部分へのツッコミが先立ち、正直ストーリーの弱さが露呈している感が否めませんでした。
が!今回は違いました!あり得ない部分がほとんど無かったのでツッコめない淋しさはありますが、ストーリーがしっかりしていて非常に面白かったです。
今回はコナン君と怪盗キッドがやたらイチャイチャ(?)していたのでお姉さん変な汗かいちゃいましたよ。見終わった後にN君に「今回のコナンはBLねらい?」と聞いたら「お前の目は腐ってる」と言われました。


「東のエデン劇場版」
Higashinoeden

テレビシリーズを全部見てすごく面白かったので、映画も1と2両方行きました。
羽海野チカさんのキャラデザがかわいくて見やすかったのが女子ファンを増やしたポイントでしょうね。私は広島弁のパンツ先輩が好きです☆側溝にハマっていた姿が忘れられません!
テレビシリーズが面白くてこの先どうなっちゃうの?と期待満々で映画を見たのですが、終わり方が個人的にちょっとモヤっとしました。大規模な話になってたわりには随分こぢんまりと終わったような・・・。私の理解力が足りなくてよくわからない部分もあったせいかな。んーでも結果じゃなくて過程の面白さがあるのでとても出来の良いアニメだったと思います。終わってしまったのが淋しい。


「仮面ライダーダブル&ディケイド MOVIE大戦2010」
Kamen_d_w

最近の仮面ライダー好きが高じ、1年ほど前にN君に「映画行ってみる?」と聞いたところ「いや、特撮モノまで行っちゃったらなんか終わりな気がする・・・オレ、そこだけは守りたい。」と、その時のN君の顔を絵に描いたら間違いなく劇画タッチになるであろう熱い男の決意を聞いたその数ヶ月後、N君の最後の砦は簡単に崩れ去りました♪
でもN君の心が弱いわけじゃなくテレ朝がひどいんですよ〜。1年間もテレビで見続けてきたディケイドが数多くの謎を残したまま最終回を迎え、主人公のディケイドに銃口がつきつけられてヒロインの女の子が「ディケイドォォォーー!!!」って叫んだ所でなんと最終回が終わり!そして続けて「全ての謎は映画で解き明かされる!」的なあおりで映画の告知が入ったんですよ信じられます??1年間見続けてきたのに、1800円払って映画見にいかないと完結しないという!まだ自分のお金がある大人はいいけど子供にこの仕打ちはひどい!と憤慨しながら映画館に行ったら子供はほとんどいなくて大きいお友達ばかりでした☆(ちなみにこの事件は社会的問題に発展してその後テレ朝が謝罪してました)
2本立てで、前半30分がシンケンジャーで後半1時間が仮面ライダーだったのですが、シンケンジャーはガチで子供向けなので適当に見流していたのですが、シンケンジャーが終わった瞬間に私の隣に座っていた30歳ぐらいの女性が席をたって帰ったのにはびっくりして思わず二度見しちゃいました。仮面ライダーじゃなくてシンケンジャーだけが目当てだったのか!!レアな女性ファンだなと感心してしまいました。(お前も十分レアだよ)
とにかくこの映画でディケイドはバッチリ完結してくれたのでスッキリしました。主人公役の若手俳優さんが演技がヘタすぎてそこが毎回面白くて見てたんですが(すいません!)ディケイドが終わってしまった今、彼の今後が心配です・・・。
現在絶賛放映中のダブルは演技も安定していて俳優さんたちにも味があって面白いですよ!オススメです♪

| | コメント (5)

2010年5月20日 (木)

なう。

時代の流れに飲み込まれてツイッターを始めてみました。かなり出遅れた感が否めませんなう。
フォロー大歓迎です!
http://twitter.com/hiromi_sato

| | コメント (0)

2010年5月19日 (水)

マンガイラストレーション展

日本が世界に誇るJ-popカルチャー、「マンガ」をテーマにしたイラストを集めたグループ展に参加します。
子供のころ、誰もが夢見た「マンガ/アニメ」の世界。マンガ好きな子、アニメのキャラクター、少女マンガ・・・作家達が描くマンガの世界をお楽しみ下さい!

参加アーティスト(順不同・敬称略):アニカ・ウエスター、羽鳥由紀、tomoto、オオマエメグミ、玉石佳世、イトウタイチ、NAOSHI、小林香菜、ジェフリー・フルビマーリ、さとうひろみ

Manga Girls Inspiration イラストレーション展

開催期間 2010年5月25日(火)~6月13日(日)

会場 Junie Moon (地図はこちら) 入場無料
火-土 12:00-20:00/日・祝 12:00-18:00
定休日 月曜

※会場はショップの中のため、私は常駐しておりません。
※今回はグループ展のためDMはありません。

私はこちらの2点の作品を出展します。是非会場にてご覧いただけたら嬉しいです。
何をモチーフにしているかわかりますか?

Manga_haikara

まずこちらは私が一番大好きな漫画「はいからさんが通る」です。紅緒さんと、蘭丸くん(いつも女装している男の子)が自転車に乗っている風景を描いてみました。大正浪漫テイストは描いてみたかったテーマなので楽しかったです。
事務所の若い女の子たちにこの絵を見せた時、誰もはいからさんを読んだことが無かったようで、女装の男子が蘭丸で、袴を着てるのが紅緒(べにお)さんだと説明したら「べにお・・・べに、お(男)、ですか?べにおさんも男子なのですか?」と非常に混乱していました。紅緒さんは女の子ですよ・・・主人公!!はいからさんを知らない世代になってきてるんだなあと軽くショックを受けました。名作は後世に語り継がねば!

Manga_futaride

そしてこの絵は・・・わかりますか?これを見てピンときたあなたはすごい。すごいっていうかむしろヤバい。ヒントは、これは漫画でもアニメでもありません。(展覧会のテーマ無視か!)でも日本が世界に誇るジャパニーズカルチャーであることは間違いありません!わかった人にはロマンチックあげるよ。

| | コメント (11)

2010年5月 4日 (火)

神前式のすすめ

Kyoshiki_ill
入籍から半年たってしまいましたが、4月25日に結婚式を挙げました〜!
私は大きいイベントが苦手でN君もtoo shy shy boyなので(観月ありさか)結婚式はやらなくていいだろうと思っていたのですが、やはり今まで育ててくれた親やお世話になった親戚の皆さんへの感謝をこめてきっちりけじめをつけようと思い、親族のみでささやかに挙式することにしました。

やるなら絶対に神社で神前式!だって日本人だもの!お箸の国の人だもの!と昔から決めていました。教会式やるより安く済むかと思っていたのですが和装は意外とウェディングドレスより高いという落とし穴が!かつらレンタルだけで10万とか!そして明治神宮とか有名どころでやると挙式代も高い。ああどうすれば・・・と若干パニックになりましたが、私は灯台下暗しであることに気付いたのです。ひょっとしたら、家の近所の神社で結婚式できんじゃね?と。
調べてみると大当たり。まさか超マイナーな私の地元のあの小さな神社で、自分が通っていた幼稚園の隣にあったあの神社で、小さい頃から毎年夏祭りに行っていたあの神社で、挙式ができるとは衝撃でした。完全に盲点でした。調べてみると小さい神社でも挙式できるところ沢山あるみたいですよ。衣装とかは含まないで挙式料だけなら5万とかで出来るところが多いので大変ふところに優しいです!あまり縁のない有名な神社でやるよりもこっちのほうが心に残るような気もします。

Kyoshiki_jinja

超マイナー神社です・・・近くにありすぎて今までなんとも思ってませんでしたが、こうしてみると意外と素敵です!

Kyoshiki1

憧れの白無垢!激安レンタルパックでもけっこう高かったですが着られて嬉しかったです。
涼しい顔をしていますが(って顔自体隠してますが)体中ぎっちぎちに締め付けられて呼吸すらまともに出来ません。手も伸ばせなくて10cm先のものも一人じゃ取れません。

Kyoshiki_3shin

本殿まで両家が列をなして進む「参進」。激安プランなのにこんなことまでやってもらえるなんて感激です。

Kyoshiki_339d

日本人なら誰もが憧れる(?)三三九度!

神主さんがかなりのご高齢で、式の間、本殿の舞台の上でつまづいたり、祝詞の途中で「あ、今完全に忘れたよね?」ってぐらい間があいちゃったりするので、私もN君も笑いをこらえるのに必死でした。神主さんとは別にもうひとり烏帽子をかぶった平安時代コスプレみたいな人(上の写真の左手前に見切れてる人)が、盃にお神酒を注いだり指輪交換時に指輪を渡してきたりとかなり重要なポジションだったにも関わらず、どっからどう見ても男子高校生でした。まさか神主の孫か!?バイトか!?でも動きは完ぺきに平安チックで顔も麻呂チックだった(どんなだ)ので将来有望です!

そしてなんと地元の幼なじみの友達がお祝いに駆けつけてくれました!

Kyoshiki_tomo

参進の時に突然手旗を振りながら現れたのでものすごくビックリしました。
誰も来てくれないと思っていたので本当に嬉しかったです。
まあ、式の3日前に「挙式するんだ〜。でも誰も来てくれないから淋しい・・・」みたいなメールを私が送ったせいでなんとなく来ざるを得なくなった心優しき勇者たちです!!
Aちゃん、R、本当にどうもありがとう!!手作りの手旗が泣かせる!
そしてこれら挙式の写真はすべてAちゃんのお父様が撮影してくださいました。ありがとうございました!

この日は、はるばる広島や福島などから親戚の皆さんが来てくださり、あたたかく祝福してくださいました。
結婚は個人同士はもちろんのこと、家と家とのつながりを作るものなんだとあらためて思いました。両家の皆さん、本当にありがとうございました!
ちなみに親戚に送った招待状などにコアライラストのN君を描いてしまったために、N君は初対面である私の親戚からいきなり「コアラ部長!」と呼ばれていました・・・。

| | コメント (11)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年8月 »